専従者ってメリットあるの?

専従者とはどのようなものかを把握できる掟

専従者とは、その名の通り特定の業務だけに集中することを命じられた人物です。スペシャリストと呼ばれる方が多く、卓越した技術や膨大な知識を有しています。その他にも、専従者とは何者なのかについてを解説しましょう。まず、専従者とはと質問をされて真っ先に答えられるのは、副業が禁止されているということです。スペシャリストであり、それに見合った報酬を得ているからです。他には、特定の業務を遂行する組織に籍を置いておきながら、関連性の無い仕事が割り振られることがあります。組織に属する労働者の環境を良くしたり、社内政治の潤滑剤になったりと大忙しです。他の従業員と何ら変わらないように見えても、その仕事量は多く高いクオリティを常に求められています。私たちにとって最も身近なことは、副業を禁じられていることかもしれません。例外はあるものの、大抵の企業では従業員が副業を行うことを禁止しているからです。専従者とは、色々な掟を守る必要なあるのかもしれません。

専従者給与とはどのようにすれば適用可能なのか

個人事業主にとってみれば、社会保険料が全額自己負担となることから、少しでも所得を少なくしたいというインセンティヴが強くなります。そんな際に、控除額を増やすために専従者給与の支払いを行うことを検討する事業主もいます。しかし、ただ単に家族が仕事を手伝ってくれるというだけでは専従者とは認められない点に注意が必要です。青色申告をしている事業主の場合、専従者給与とは、1年のうち6か月以上、事業主が運営している事業にもっぱら従事する人に足して支払われる給与、と定義されています。専従者にしたい人が他の事業所から給与を得ている場合は、専従者給与とは区分できないのです。したがって、家計トータルでのメリットは、収入額にもよりますが、専従者にしたい人が別の仕事をして給与を得るほうが大きくなるケースもあります。専従者給与とは、専業主婦などの税法上の所得がもともとゼロの人に対して支払うようにすると、家計全体での節税効果が生まれます。

専従者が給与を受けると扶養控除等が受けられません。

白色専従者控除あるいは青色専従者給与をうけると、扶養控除・配偶者控除・配偶者特別控除は受けられなくなります。控除対象の親族である条件のひとつに「専従者ではないこと」という要件があるからです。正確には「青色申告者の事業専従者としてその年を通じて一度も給与の支払を受けていないこと又は白色申告者の事業専従者でないこと」という条件です。青色申告の場合は、届け出を出していても、その年に給与の支払いが1円もなければ控除対象の条件に当てはまります。扶養控除とは、事業主に「控除対象扶養親族」がいる場合に受けられる控除です。基本的には38万円控除(親族の年齢による)になります。配偶者控除とは、事業主に「控除対象配偶者」がいる場合に受けられる控除です。配偶者控除は基本的に38万円控除になります。白色申告の場合は、給与を経費にはできませんが、確定申告の際に控除することができます(最大86万円)。青色申告の場合は、届出を出していれば給与を経費にすることができます。夜勤専従 バイトの仕事をするときはよく考えておきましょう!

個人事業主の会社の専従者は雇用保険に入れるか

専従者が事業主の配偶者やお子様など、事業主と生計を共にするご家族の場合は雇用保険に入ることが出来ません。但し、いくつかの条件をクリアすれば家族でも入ることも可能です。一つ目は、専従者が事業主の指揮、指導、命令に従い業務を行っていることが明確に証明される場合。二つ目は、勤務状況、賃金、就業規則など、全ての労働条件が他の労働者と同じであること。三つ目は、取締役や事業主の配偶者であるなど、事業主と利益を共にする立場にいないこと。この三つの条件を全て満たしていれば、専従者でも雇用保険に入れることになります。注意しなければいけないのは二つ目の「勤務状況、賃金、就業規則など、全ての労働条件が当該事業所において他の労働者と同じであること」です。まず最低限、事業主と専従者以外に他の従業員がいなければ雇用保険には入れないということです。生計を別にする兄弟姉妹などが従業員として入り、一つ目と二つ目の条件を満たせば家族でも大丈夫だということになります。